旅、釣りブログ

温泉、国内旅行、海外旅行、鮎釣り、飲食など紹介します。

奥飛騨薬師の湯本陣

薬師の湯本陣

岐阜県奥飛騨にあります薬師の湯本陣です。

建物の背景は活き活きと生い茂る木々の緑に覆われております。

二泊三日お世話になります。

 

f:id:koo5280ko:20180821083711j:image

 

 

お休み処では雑誌や新聞を読んだり静かに過ごせます。

 

f:id:koo5280ko:20180821083719j:image

 

部屋は広縁込みで8畳ほどの広さです。

f:id:koo5280ko:20180821063105j:image

 

 

 

翌朝、部屋の窓からは美しい青空が広がり

橋の下をゆったり流れる川は高原川です。

美しい自然に囲まれた景色での釣りを想像するとわくわくします。

f:id:koo5280ko:20180821083806j:image

 

 

 温泉

こちらの旅館では2種の源泉、新平湯温泉薬師温泉があります。

泉質はいづれ単純温泉です。

男湯女湯共に内湯が新平湯温泉で岩露天風呂は薬師温泉で岩風呂は源泉かけ流しです。

f:id:koo5280ko:20180821063809j:image

 

 

 

 飲用の分析表もありました。

f:id:koo5280ko:20180821063820j:image

 

 

女湯の岩露天風呂(瑠璃の湯)は薬師温泉の源泉掛け流しで肌触りは滑らかです。

布袋様から出ている温泉水は飲用できます。

飲用すると胃酸を中和し炭酸ガスが胃の働きを活性させる効果があるとの事です。

飲泉してみると塩味と酸味がありました。

泉温39.6度なので湯浴みをゆったりゆっくり楽しめました。

f:id:koo5280ko:20180822064245j:image

 

男湯の岩風呂(医王の湯)薬師温泉源泉かけ流しも女湯と同様に飲泉できると共に胃腸や美肌に効能があるそうです。

内湯は男女ともに新平湯温泉でさらっとしています。
f:id:koo5280ko:20180822064241j:image

 

 

野天風呂

 権現温泉は時間で男女入れ替え制となります。

泉質は単純温泉で泉温は39.6度なのでじっくり浸かれます。

屋根はなく岩に囲まれた湯船に浸かりながら周りの青々と輝く木々や青空を眺めていると都会の喧噪を離れて開放感に浸れます。

 

  一日目夕食

 本日のお品書きです。

 

f:id:koo5280ko:20180821071101j:image

 

 

 

釣瓶のある囲炉裏の鍋にはそばの実雑炊がはいってます。

優しい味わいでした。

 

f:id:koo5280ko:20180821071041j:image

 

美味しい和食なので完食してしまいました。
f:id:koo5280ko:20180821071053j:image

 

 


f:id:koo5280ko:20180821071045j:image

 

 奥飛騨浪漫赤ワインは甘くなくさっぱり飲みやすいです。


f:id:koo5280ko:20180821071049j:image

 

食事のしめはきのこ入りお蕎麦です。ヘルシーな味わいでした。


f:id:koo5280ko:20180821071057j:image

 

奥飛騨ワインは辛口ミディアムボディで

さっぱりしていて飲みやすいてす。

写真ではわかりにくいのですがワイングラスがとても小さくてかわいいです。

f:id:koo5280ko:20180820201343j:image

 

 



朝食

こんな朝食なら完食してしまいます。

f:id:koo5280ko:20180821074349j:image

 

 

一日目高原川で鮎釣り

トロ場で流すとすぐに2尾が絡まりかかります。

ここでは三尾かかりました。

f:id:koo5280ko:20180821190946j:image

 

 

 

流れのある瀬で掛かりためながら下るが糸が切れて二尾は流れてしまった。

道糸が虚しく空を舞う。悲しい~。
f:id:koo5280ko:20180821190909j:image

 

 

気をとりなおし泳がせで棚に流すと強烈なあたりがあり目印がとんだ。下流に走られた。急いで下る。ゆるい場所で抜いた。元気でスイカの良い香りのする鮎です。

 

f:id:koo5280ko:20180826221324j:plain



 

 向こう岸に渡る。体高のある20センチクラスが三尾入れ掛かり。まだまだ釣れそうでしたが終了時刻となりました。

 合計9尾で終了です。

 

夏の暑かった一日の夕暮れは

旅館での湯上がりに夕涼みをし夕暮れ時の景色 を見て楽しみました。

f:id:koo5280ko:20180901181817j:image

 

 

 

二日目の夕飯

本日二日目なのでお品書きはないですが和食はこんな感じです。


f:id:koo5280ko:20180821190649j:image

 

 

すき焼きには飛騨牛。熱々で風味が良いです。ついつい食べすぎてしまいます。
f:id:koo5280ko:20180822065009j:image

 

 

 

f:id:koo5280ko:20180822065030j:image

 

 

 

今夜の夕飯は手巻き寿司も加わり炭水化物3種類です。大好きですが全部食べたら確実に食べ過ぎです。
f:id:koo5280ko:20180822065046j:image

 

 

デザートのスイカまでしっかり完食しました。

 

食後はロビーに無料で置いてある数種類の花火を頂き久しぶりの線香花火を手にとり可憐さを楽しみました。

 

 その後冷たいものを飲みたくなりお休み処に入ると奥に卓球台を発見しジャネットと酔も覚めるほど盛り上がってしまいました。


f:id:koo5280ko:20180822065035j:image

 

 

二日目の朝食

きのこの朴葉みそや温かい野菜鍋も風味が良かったです。

f:id:koo5280ko:20180822074454j:image

 

 

二日目の高原川

石の苔は多少とんでるようです。

昨日の場所から下流へ入りました。

すぐに1尾かかります。

f:id:koo5280ko:20180901181628j:image

 

石並びもよいのですがなかなか後に続きません。
f:id:koo5280ko:20180901181622j:image

 

上流へ行ったり向こう岸に渡りますが厳しいです。
f:id:koo5280ko:20180901181625j:image

 

4時間でたった2尾大撃沈〜。

私より毎回釣るジャネットも5尾だった。

釣れなくても景色が良かったからまあいいかとジャネットと笑いさざめきながら美しい景色を後にした。

また頑張ろう???

おしまい!

 

 

 

鮎釣り商品とフェイスマスクのご紹介。 

 

あくまでも私自身の使用感と主観、実際に使っている人のフィードバックに基づいて書いてます。

竿やフェイスマスクを選ぶ時の一つの選択肢と考えて頂ければと思います。

 

鮎 竿8.5m

川幅の狭い川や風の強い日など8~8.5mの竿はおすすめです。

女性は男性より筋力が弱いので長時間の竿操作には9mより8.5mもおすすめです。

泳がせ、引き抜き、おとり交換などが楽にできます。

 

 

 

 

鮎竿9m

 シマノプロセレクト9mは女性が長時間持つのにも軽くてしなやかでおすすめです。

8.5mもあります。私は9mを愛用中です。24.5センチを引き抜きできました。

シマノプロセレクト8.5mを使用している知人女性からも高評価です。

 

 9mの竿種類豊富です。

 

日除けフェイスマスク

 

鮎釣りでは空からと川の水面からの上から下からと紫外線を浴びてしまいます。

汗でパウダーファンデーションも流れてしまいますのでシミとシワ対策ではフェイスマスクが必須です。

 

いろいろとためしましたが ホワイトビューティーのフェイスカバーは鼻や口も空いているので猛暑でも呼吸が楽でした。布地の肌さわりは軽くすべすべしていて軽いつけ心地です。

フェイスカバーをつけたままドリンクも飲めます。

両耳にゴムひもがありマスクのようにかけられるので河原を移動中でも落ちて来ません。

 

 

 

別会社のものにもシンプルなデザインからいろいろあります。