旅、釣りブログ

温泉、国内旅行、海外旅行、鮎釣り、飲食など紹介します。

岐阜県平湯温泉山荘湯の里と高原川で鮎釣り。

高原川で3日目鮎釣り

 おとり屋のすぐ後ろの川に入るが釣れない。全く釣れない。

下流で釣ってる方も竿は曲がっていません。

目の前のせり出した木の枝に釣り糸が絡まっていた。

二人共まったく釣れず気配すらないので荷物をまとめ車に乗り込み速攻で移動した。

 

f:id:koo5280ko:20180814223704j:plain

 

 

 

車で下流に下った。

荷物をおろし川原まで歩いて下るとさらに雰囲気良い景色が広がっていた。

石の苔も色も良い感じだ。

 

段々瀬を釣り下りかかるとかなり引きを味わえた。数尾釣り下り静かに泳がせているとすごい勢いで竿の目印がふっ飛び向こう岸へ走られた。

石から滑って尻もちをついたと同時にみち糸が切れてしまい竿から糸はふわふわ空に舞い大物鮎は幻となってしまった。

今年張り替えたウエダーの足底は連日の釣行でかなりすり減っていて気をつけていたつもりだったがやらかしてしまった。

しかも新しい短靴は二週間前に二日目使用で左靴底がめくれてしまい修理に三週間かかっていた。

かかった鮎を逃す悔しい思いをし靴底は本当に大切だと実感した。


f:id:koo5280ko:20180817214422j:image

 

 

土曜日なのに誰もいないのでなんとも贅沢な気持ちになった。

 

目の前の瀬肩ですぐかかりその後もポツポツとかかりる。

本日は7尾で終了。サイズは18から21.5センチ。
f:id:koo5280ko:20180817214418j:image

 荷物を忘れずに全ていれたのか最終確認をし

本日は奥飛騨温泉郷平湯温泉山荘湯の里へ向かいます。

 

 

 奥飛騨温泉平湯山荘湯の里
 

一泊二日でお世話になります。 

 源泉かけ流しの泉質は硫黄泉で源泉はかなり熱いため加水されているそうす。

貸し切り家族湯と女湯露天風呂は多分39度から40度位だと思われます。ぬるめでゆっくりつかれるので神経が休まります。

 
f:id:koo5280ko:20180814223642j:image

 

 男湯女湯の写真や旅館の写真がないので下記でご覧下さい。

奥飛騨温泉郷 平湯温泉 山荘湯乃里【公式サイト】

 

夕飯

先付の枝豆はわさびの味と香りも楽しめました。

わさびと枝豆を一緒に煮るそうです。

向かって左は山菜の和え物も風味がよいです。

飛騨牛焼肉や刺身もあります。
f:id:koo5280ko:20180814223722j:image

 

 天ぷらもアツアツで美味しいです。


f:id:koo5280ko:20180814223716j:image

 

 

明るく凛とした女将さんが私達の席で話しをしていると

となりで飲んでた山登りをする方々6人グループから女将さんへ赤ワインの差し入れがありました。そして私達にもワインのおすそ分けがあり嬉しいです。旅館に赤ワインはないので持ち込みしても大丈夫なようです。

こちらは真空パックで持ち運びに便利ですね。

40分ほど女将さんと話をしていたのでどうやら

私達は女将さんの娘だと思われていたみたいです。
f:id:koo5280ko:20180814223658j:image

 

 

朝食

和え物は塩分控えめでポテトサラダもさっぱりヘルシーな味付けで美味しかった。
f:id:koo5280ko:20180814223651j:image

 

 

本日も天気に恵まれて楽しい鮎釣りが私達を待っています。