旅、釣りブログ

温泉、国内旅行、海外旅行、鮎釣り、飲食など紹介します。

ヴィクトリア&アルバート博物館

ヴィクトリア女王の夫アルバート公が尽力し1851年のロンドン万博での収益をもとに開館。

 

 

f:id:koo5280ko:20180405235312j:plain

元来収益博物館と呼ばれていただけに絵画彫刻、宝飾品や装身具など450万点を収蔵する。

145の趣の異なる展示室で絵画、彫刻、家具・建築、服飾、装飾品などが展示されている。

特にインドの絵画、装身具、楽器の収蔵品は欧州最大級。現在デザインの祖とされているウィリアム.モリスの展示も必見。時代の潮流を反映した特別展も行なっている。

西洋美術:絵画、版画16世紀のイギリスを代表するミニチュアと呼ばれる小さくて精巧な絵画など

東洋美術:中国、日本インド、イスラムの芸術作品の展示。日本の浮世絵などのコレクションは英国最大級。

その他のコレクション:イギリスを中心とするファッションや豪華な宝飾品など英王家所属の陶磁器など多数展示。

 

 ヴィクトリア&アルバート博物館 - Wikipedia

 

 

f:id:koo5280ko:20180406000757j:plain

 バレンシアガの特別展

 

私が行った日にはバレンシアガの特別展が開催されてた。

 

ファッションやアートなど興味深い特別展が開催されてるので事前に特別展はウェブでチェックしておきたい。過去にはアレキサンダーマックイーンの回顧展なども開催された。

Room40のギャラリーはファッションに興味ある方は必見。17世紀の衣装をはじめクリスチャンディオールやシャネル、バレンシアガなど20世紀ヨーロッパを代表するデザイナーの作品まで見応えのある展示だった。

V&Aショップのお買い物はお土産探しにもおすすめ。取り扱アイテムは多岐にわたり展示会に即したユニークアイテムな商品がお目見えすることもある。今回はバレンシアガのアクセサリーなどお土産に喜ばれそうなプチブライスなものや帽子なども売られていた。

 

 

 

 

 

f:id:koo5280ko:20180406000616j:plain

 

 

 

 これほどまでに美しく見応えのある博物館があるとは驚きでした。

 

 

f:id:koo5280ko:20180406000520j:plain

 

 

建築物やインテリア、食器、ファッションなどに興味ある方にも本当におすすめです。

デザイン学校の生徒が数10人がバレンシアガのデッサンに勤しんでいた。450万点も無料で見られるし絵もかけるし写真にも収められるいつでも何度でも来られる場所が近くにある学生さんが羨ましい。彼女らの真面目なデッサン風景をみてきっと何年後かには素晴らしいデザイナーになるのだろうと容易に想像できる。

 

 

f:id:koo5280ko:20180406000258j:plain