旅、釣りブログ

温泉、国内旅行、海外旅行、鮎釣り、飲食など紹介します。

テムズ川周辺からクルーズでグリニッジへ

トテナムコートからテムズ川沿いのロンドンアイへ。

騎馬隊が向かってきた。

f:id:koo5280ko:20180404154548j:imagef:id:koo5280ko:20180404154623j:image

 

 このおしゃれな建物6階は全てが本屋らしいです。

f:id:koo5280ko:20180404154817j:image

 

パブも華やかです。

 

f:id:koo5280ko:20180404155034j:image

 

 

 f:id:koo5280ko:20180404155439j:image

 

 

アドミラルティアーチ

バッキンガム宮殿へと続く通りザ、マルの入口に経つ優美な曲線を描く凱旋門

海軍門という名は隣接する海軍司令部に由来する。

 

 

 

 

f:id:koo5280ko:20180404155502j:plain

 

 

 

 

 

 

 

周りには壮麗な建物があります。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:koo5280ko:20180404160129j:image

 

f:id:koo5280ko:20180404160158j:image

 

 

トラファルガースクエア

観光客と地元の人で賑わっていた。

 

 

ネルソン提督を記念した広場で高さ44mの記念柱とそれを囲む4頭の巨大なライオンがシンボル。

こちらのライオンが三越のライオンのモデルになったらしいです。巨大ないいねマークの像もありました。

あちこちで大道芸が行われている活気のある場所でフォトスポットでもあります。

ナショナルギャラリーーの前にありました。

 

f:id:koo5280ko:20180404155612j:image

 

 

こちらの周りにも美しい建物があります。

f:id:koo5280ko:20180404155909j:image

 

 

f:id:koo5280ko:20180404160047j:image

 

 こちらのカフェのアフタヌンティーもしてみたいと思いました。

f:id:koo5280ko:20180404160338j:image

 

 

テムズ川

f:id:koo5280ko:20180404160423j:image

コカ・コーラ・ロンドン・アイ

世界最大級の観覧車。上空135メーターの高さまで上がる透明カプセルのようなゴンドラから大パノラマで対岸のビックベンやセントポール大聖堂が見渡せる。一周約30分。

夏の夜はライトアップされた夜景がロマンチックだそうです。

f:id:koo5280ko:20180404160451j:image

下からみるとこんなカプセル型。

f:id:koo5280ko:20180404160601j:image

 

 

アンティークな大道芸人。顔までゴールドを塗ってました。

やはりイギリス人ってアンティーク好きなのですね。

f:id:koo5280ko:20180404160624j:image

 

テムズ川クルーズ

タワーブリッジが目の前に見えます。

重厚なゴシック様式の跳ね橋です。

テムズ川が水上交通や交易の主役だった19世紀には30分おきに跳ねは上がったらしいです。

現在でも時折跳ねは上がります。予定は北塔の掲示とホームページから確認できます。

f:id:koo5280ko:20180404160651j:image

 

 

グリニッジ到着です。

f:id:koo5280ko:20180404160900j:image

 

 

礼拝堂。

1779年に焼失したのち現在のロココ調に再建された。

 

f:id:koo5280ko:20180404161022j:image

 

扉も重厚で彫刻が施されている。

f:id:koo5280ko:20180404161054j:image

 

天井の美しさは有名です。

f:id:koo5280ko:20180404161616j:image

 

素敵な物を見ると癒されますね。

f:id:koo5280ko:20180404161236j:image

 

床の柄凝ってます。

f:id:koo5280ko:20180404161326j:image

 

細かな床のデザインに感動です。

f:id:koo5280ko:20180404161416j:image

 

天井の柱の彫刻デザインも繊細で素晴らしいです。

f:id:koo5280ko:20180404161510j:image

 

外に出ると長い廊下が続きます。天井のデザインや連なる柱が素敵です。

f:id:koo5280ko:20180405110634j:image

 

 

 

旧王立天文台に向かう途中のグリニッジ公園はとにかく広い。

のどかな雰囲気を楽しめました。

f:id:koo5280ko:20180405110939j:image

 

 

 

f:id:koo5280ko:20180405111007j:image

 

 

 

 

f:id:koo5280ko:20180405111050j:image

 

天文台で子午線をまたぎます。

f:id:koo5280ko:20180405111216j:image

 

 

 

f:id:koo5280ko:20180405111255j:image

 

 

クイーンズハウス。

グリニッジ公園の北側にあり、1638年ジェームズ1世の妻のクイーン・アン・オブ・デンマークのために建てられた清楚な建物。エリザベス1世ヘンリー8世とその娘アン王女もこの宮殿で生まれている。

有名なチューリップ螺旋階段。幽霊が出るとの噂もありますが・・・。

 

f:id:koo5280ko:20180405111349j:image

 

手すりが綺麗なブルーのチューリップ模様。上から見ても下から見ても美しい。

f:id:koo5280ko:20180405111430j:image

 

 

 

 

肖像画(海軍の方)がたくさんいます。天井の周り縁はゴールド。

f:id:koo5280ko:20180405111645j:image

 

 

f:id:koo5280ko:20180405111715j:image

 

ボルドー色の壁とグロテスク天井。華やかです。

グロテスクとは花飾りと小さく幻想的な人間と動物の像を織り交ぜた模様の事だそうです。

f:id:koo5280ko:20180405111801j:image

 

お部屋がたくさんあります。クイーンの肖像画が真ん中にありました。

f:id:koo5280ko:20180405111831j:image

 

f:id:koo5280ko:20180405111856j:image

 

 

クイーンのお顔。

f:id:koo5280ko:20180405114650j:image

 

 

 

 

グリニッジマーケット。

グリニッジ駅からすぐのところにあります。

掘り出し物はあるのかしら?

f:id:koo5280ko:20180405111935j:image